認知症のひとのBPSDをどう考えるか?

看護師
介護支援専門員
介護福祉士
社会福祉主事
熊本県認知症介護指導者
小規模ケアアドバイザー
認知症ケア専門士(上級)
開催日 2018年2月17日(土)
時 間 10時から16時
地 域 福岡
会 場 博多バスターミナル・第5
講 師 高橋 恵子
受講料 10,000円(税込)
定 員 54名
セミナーコード TK11
割引適用 会員割引(5%割引)
団体割引(2名以上5%割引・5名以上10%割引・10名以上15%割引)
お願い 車で来られる方は、駐車場を各自で確保してください。
昼食は各自でご用意ください。
備考
講師から受講生のみなさんへ
認知症の人は、コミュニケーション困難となり、周囲からは理解しにくい言動が生じてきます。
認知症由来のBPSD(認知症の人の行動・心理症状)について学び、どのように考え、対応していきますか?
他のスタッフとともに現場を変えていきたい、医療現場、介護現場、在宅ワークのすべての方々のために。

内容
「認知症のひとのBPSDをどう考えるか?」
〜認知症・行動を科学的に捉える根拠あるケア〜

1)コミュニケーションの一つ!認知症の人が発信できないSOSとして捉える
2)体内のリズムを整えよう!体の中を健康にしよう
3)行動を科学しよう!言動と環境を観察し、分析し、対応策を考える
4) 災害時の対応・認知症の方にどう落ち着いてもらえるか?

★受講された方全員に「受講証明書」をお渡ししております★

♪先着お申し込み10組の方に、人数分のセミナー割引券をプレゼント♪
会場で1,000円のキャッシュバックがあります。

※講師紹介
熊本労災看護専門学校を卒業後、熊本労災病院脳外科リハ科病棟等勤務
その後、各病院、在宅介護支援センターに勤務後、平成12年8月有限会社せせらぎを設立
現在、代表取締役、グループホームせせらぎ管理者として、現場を持ちつつ、各地域で講演活動も展開
有限会社せせらぎは、現在、グループホーム、居宅介護支援事業所(甲佐町、熊本市)、訪問介護事業所(甲佐町、熊本市)、小規模型通所介護事業所(甲佐町、御船町)、住宅型有料老人ホーム(御船町)、小規模多機能型居宅介護事業所(甲佐町)などを運営している。
平成23年3月、東北福祉大学福祉心理学科通信制大学院修士課程を修了
社会活動の分野では、熊本県宅老所・グループホーム連絡会副会長・事務局、日本認知症グループホーム協会熊本県支部長、NPO法人co.Care高齢者の明日を共に考える理事、風と土の会(地域興しボランティア)にて、幅広く活動を展開しています。
熊本の震災の震源地・益城町が拠点です。被災後の活躍にはパワーがみなぎっていました。今も活動は続いています。


セミナーお申し込みフォーム
【2018年2月17日(土曜日)】【認知症のひとのBPSDをどう考えるか?】【高橋 恵子】【福岡】
【10,000円(税込)】【TK11】
セミナー日程
セミナー内容
会員区分 (必須)

会員種別 (必須)
※法人(団体)会員の場合は、下にある「法人(団体)名」も必ずご記入ください。
セミナー参加人数 (必須)
お支払い方法 (必須)
ご希望のご連絡方法 (必須)

書類送付先 (必須)
※会員以外で勤務先に送付希望の場合は、下部の勤務先に関する内容を必ずご記入ください。
お名前(担当者名) (必須)

お名前(担当者名)フリガナ (必須)

法人(団体)名
法人(団体)名フリガナ
ご自宅郵便番号 -
ご自宅住所
電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
FAX番号
携帯電話番号
メールアドレス (必須)
メールを受信する端末


生年月日 年   月  
年齢
性別 (必須)
職種 (必須)
勤務先名
勤務先郵便番号 -
勤務先住所
勤務先電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
勤務先FAX番号
職責/部署
備考
※感染症(インフルエンザなど)の影響および受講者が20人に満たないときは、中止または延期とする場合がございます。中止の決定は、開催日の10日〜15日前を予定(緊急に中止をする場合もございます)。お申し込みをいただいた方全員に、随時ご連絡をさせていただきます。あらかじめご承知ください。