看取りケアの実態〜多職種連携とライフサポートケア〜グループホームをモデルに考える

看護師
介護支援専門員
介護福祉士
社会福祉主事
熊本県認知症介護指導者
小規模ケアアドバイザー
認知症ケア専門士(上級)
開催日 2018年4月21日(土)
時 間 10時15分から16時15分
地 域 福岡
会 場 福岡電気ビル/共創館3階カンファレンスE
講 師 高橋 恵子
受講料 9,000円+税
定 員 30名
セミナーコード TK12
割引適用 会員割引(5%割引)
団体割引(2名以上5%割引・5名以上10%割引・10名以上15%割引)
お願い 車で来られる方は、駐車場を各自で確保してください。
昼食は各自でご用意ください。
備考
講師から受講生のみなさんへ
多死時代と呼ばれる今、地域密着型サービスであるグループホーム(認知症対応型共同生活介護)において、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアを行う機会が増えた。
グループホームでは、日常生活の先に看取りがある。
ケアの対象者は、あくまでも地域生活者であり、その看取り期の支援には家族、介護職、看護師や医師を含めたチームケアの視点が重要である。
「せせらぎ」の場合、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアが社会的にも認められ、医療連携加算や看取り加算が創設された。

内容
講師 高橋恵子
   日本認知症グループホーム協会 熊本県認知症介護指導者グループホームせせらぎ

グループホームにおける看取りケアの実態
Dementia care at the end of life in a group home

グループホーム 看取り 地域と文化 多職種連携 ライフサポートケア

1. グループホームの今までの看取りの現状から
2. 地域と医療の現状から ?高齢化は進み在宅医療は受けにくい地域?
3. 家族と共に支えるグループホームの看取りケアの実際
     1)事例紹介
     2)看取り期までの支援の概要
     3)看取り期の支援の開始(導入期)
     4)家族とスタッフのケアミーティング
     5)実際のケア内容から
        準備期・開始期・安定期・終末期・臨終期・死別期
4. 事例から伝えたいこと
5. 地域におけるグループホームの看取りの展望

セミナーお申し込みフォーム
【2018年4月21日(土曜日)】【看取りケアの実態〜多職種連携とライフサポートケア〜グループホームをモデルに考える】【高橋 恵子】【福岡】
【9,000 円+税)】【TK12】
セミナー日程
セミナー内容
会員区分 (必須)

会員種別 (必須)
※法人(団体)会員の場合は、下にある「法人(団体)名」も必ずご記入ください。
セミナー参加人数 (必須)
お支払い方法 (必須)
ご希望のご連絡方法 (必須)

書類送付先 (必須)
※会員以外で勤務先に送付希望の場合は、下部の勤務先に関する内容を必ずご記入ください。
お名前(担当者名) (必須)

お名前(担当者名)フリガナ (必須)

法人(団体)名
法人(団体)名フリガナ
ご自宅郵便番号 -
ご自宅住所
電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
FAX番号
携帯電話番号
メールアドレス (必須)
メールを受信する端末


生年月日 年   月  
年齢
性別 (必須)
職種 (必須)
勤務先名
勤務先郵便番号 -
勤務先住所
勤務先電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
勤務先FAX番号
職責/部署
備考
※感染症(インフルエンザなど)の影響および受講者が20人に満たないときは、中止または延期とする場合がございます。中止の決定は、開催日の10日〜15日前を予定(緊急に中止をする場合もございます)。お申し込みをいただいた方全員に、随時ご連絡をさせていただきます。あらかじめご承知ください。