【管理職講座】ハラスメントの心理学

日本ケア・カウンセリング協会代表理事
聖路加国際病院精神腫瘍科
臨床心理士
開催日 2018年5月27日(日)
時 間 午前10時〜午後4時
地 域 大阪
会 場 ウェルおおさか( 大阪市社会福祉研修・情報センター )・4階会議室 
講 師 品川 博二
受講料 12,000円+税
定 員 60名
セミナーコード シナ27
割引適用 会員割引(5%割引)
団体割引(2名以上5%割引・5名以上10%割引・10名以上15%割引)
お願い 車で来られる方は、駐車場を各自で確保してください。
昼食は各自でご用意ください。
備考  
講師から受講生のみなさんへ

※ハラスメント防止の為の理論と共有化

自らの優位な地位や権限あるいは性差を利用して、相手の意に反する不適切で不当な言動により、相手の活動に不快・不利益を与え、人格的な誹謗中傷や嫌がらせ、就労上の不利益を与えることをハラスメントといいます。
この研修ではハラスメントを、単に乱暴・無神経な言動ではなく、より人間の原理的な葛藤に根差す行動であることを理解し、その対処について工夫を検討します。誰もが被害者にも加害者にもならない為に、この研修へのご参加をお勧めします。

内容

NPO法人日本ケア・カウンセリング協会認定講座

「ハラスメントの心理学」
〜誰もが被害者にも加害者にも成らない為に〜

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加し問題となっています。
しかし、なかなか改善の傾向は見られません。
そもそも「ハラスメントとは何か」について、現場がよく理解していない点が問題です。
何より「ハラスメント対策」を適切に講じていかないと、大きな「損失」が生じてくる点を理解しましょう。
その損失とは、職場のイメージを損なうだけでなく、
「従業員のモチベーション低下」「メンタルヘルス問題の増加」「モラルハザードの発生」など、業務にも確実にダメージをもたらしていきます。

●ハラスメントにはどんな「種類」があげられるか

(1)セクシュアル・ハラスメント
(2)パワー・ハラスメント
(3)モラル・ハラスメント
(4)アルコール・ハラスメント
(5)ジェンダー・ハラスメント

●ハラスメントが職場にもたらす「リスク」「損失」をしろう
1.男女雇用機会均等法など、法令違反に問われる「コンプライアンス・リスク」
2.ハラスメントの被害にあった人がメンタルヘルス障害を起こしてしまう「メンタルヘルス・リスク」
3.被害者が被った精神的なダメージによる損害について、企業は賠償しなくてはならない
4.ハラスメントが生じた職場においては、就業環境が悪化し、人材の流出や業務の低下をまねく。

●ハラスメントを生まない職場に向けて知るべきことは

セミナーお申し込みフォーム
【2018年5月27日(日曜日)】【【管理職講座】ハラスメントの心理学】【品川 博二】
【大阪】【12,000円+税】【シナ27】
セミナー日程
セミナー内容
会員区分 (必須)

会員種別
※法人(団体)会員の場合は、下にある「法人(団体)名」も必ずご記入ください。
セミナー参加人数 (必須)
お支払い方法 (必須)
ご希望のご連絡方法 (必須)

書類送付先 (必須)
※会員以外で勤務先に送付希望の場合は、下部の勤務先に関する内容を必ずご記入ください。
お名前(担当者名) (必須)

お名前(担当者名)フリガナ (必須)

法人(団体)名
法人(団体)名フリガナ
ご自宅郵便番号 -
ご自宅住所
電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
FAX番号
携帯電話番号
メールアドレス (必須)
メールを受信する端末


生年月日 年   月  
年齢
性別 (必須)
職種 (必須)
勤務先名
勤務先郵便番号 -
勤務先住所
勤務先電話番号 (必須)
※市外局番などは必ずハイフン(-)で区切ってください。例0123-12-1234
勤務先FAX番号
職責/部署
備考
※感染症(インフルエンザなど)の影響および受講者が20人に満たないときは、中止または延期とする場合がございます。中止の決定は、開催日の10日〜15日前を予定(緊急に中止をする場合もございます)。お申し込みをいただいた方全員に、随時ご連絡をさせていただきます。あらかじめご承知ください。